京都離婚相談室

当事務所の特徴

事務所の特徴

敷居の低い法律事務所

1979年9月、私たちは「新しい権利の創造をめざす」とともに、「敷居の低い法律事務所」をスローガンにかかげて出発しました。
以後、市民の皆さまに寄り添う法律事務所として、京都のまちに根ざしてきました。創立以来、弁護士の入れ替わりはありましたが、皆、志は同じです。特に、女性の権利向上や男女差別の問題、家庭内での問題には、女性弁護士を中心として積極的に取り組んできました。
離婚問題においても、よりよい解決を目指すことはもちろん、皆さまが前を向いて新しい人生へのスタートを切れるよう、お一人お一人に寄り添ってまいります。女性弁護士はもちろん、ご希望に応じて男性弁護士も対応致します。まずは、お気軽にご相談ください。

相談会について

毎年無料相談会を開催しております。(要予約)

京都法律事務所では、年に一度、「女性のお悩みなんでも法律相談会」を開催しております。原則として女性弁護士が担当いたしますが、ご希望があれば男女いずれの弁護士でも対応可能です。
通常は相談時間30分5400円のところ、この日に限り1人1時間に拡大して、無料で相談ができます。但し、予約制になっておりますので、事前にお電話でご予約いただきますようお願いいたします。
詳しくはお知らせ欄をご覧ください。

お知らせ覧はこちら

参加費相談料無料!!

弁護士紹介

金杉かなすぎ 美和みわ(古川 美和)

弁護士として登録して、12年余りが経ちました。自身も結婚、出産、離婚を経験し、生きていくのは大変なことだと感じています。
登録当初から、「離婚は結婚の3倍エネルギーがかかる」と聞かされ、離婚のご相談に来られた皆さまにもそのようにお話してきましたが、自分で体験してみると、実に5倍以上は大変です。名前の問題も大きな弊害でした。(夫婦同氏の原則について、違憲判断が出なかったのはつくづく残念です。)それでも、自分の人生のために前を向いて新しく歩いて行こうとする皆さま方を、私自身の経験も活かしてお手伝いしたいと思っています。

略歴

京都市右京区太秦で出生。3歳から富山県で育つ

・1993年3月 富山県立高岡高校卒業

・1993年4月 大阪大学文学部入学
大学時代は体育会航空部の活動に明け暮れる

・1999年3月 2年留年の後、大阪大学文学部文学科を卒業
フリーター生活をしていた2000年11月、
一念発起して司法試験に挑戦
受験時代は京都の受験予備校(伊藤塾)に通う

・2002年11月 司法試験合格 1年間の実務修習を京都で経験

・2004年10月 京都法律事務所 入所

・2005年、2010年にそれぞれ男の子を出産し、現在2児の母

●弁護士会委員会所属

【京都弁護士会】
刑事委員会副委員長、司法修習委員、検察審査会PT、
死刑制度調査検討PT
【日本弁護士連合会】
刑事弁護センター幹事、法廷技術小委員会

取扱業務

・一般民事事件(借地借家・交通事故・不動産・住宅問題・
医療過誤問題など)

・家事事件(離婚・相続・遺言など)

・労働事件、労災事件、刑事事件、少年事件。

・債務整理、破産申立事件など。

津島つしま 理恵りえ

夫婦の関係をこれからどうすればいいだろう・・・。
子どもの将来のためにどういう選択をすべきなのか・・・。
自分ひとりで決める前に、ちょっと立ちどまって話をしてみませんか。依頼者の方に寄り添いながら共に歩んでいきたいと思います。
京都弁護士会両性の平等に関する委員会所属。京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター(京都SARA)の法律相談に協力。
香川県生まれ。2009年弁護士登録。

略歴

・香川県立丸亀高等学校卒業

・一橋大学社会学部卒業

・香川県職員(4年間)

・立命館大学法科大学院卒業

・2008年 司法試験合格

・2009年 弁護士登録 京都法律事務所入所

●京都弁護士会委員会所属

・両性の平等委員会

・憲法委員会

取扱業務

・離婚・労働・自己破産・民事再生・任意整理

・相続・遺言・一般民事・刑事など